レンタルドレス利用の流れについて解説

レンタルドレス利用の流れについて解説 レンタルドレスのサービスは、ドレスなど普段着る機会のない衣装を必要な期間一時的に借りるのが特色です。結婚式やパーティなどに参加することになった際に利用するといいでしょう。購入するのと比較して、大幅にコストを抑制できます。レンタルドレスの利用の流れですが、それほど難しくはありません。初めて利用する際でもやり方に迷うことなく手続きを完了できます。

レンタルドレスを利用したい時は、まず自分の着たい服装を選択します。いくつかカテゴリーが用意されているなど、検索できるようになっているサイトも見受けられます。ウエディングやゲストドレスのような用途別で検索できるようになっているお店もあります。アイテム別に候補を絞り込めるようになっているので、レンタルしたいものを選択しましょう。もし何を着ていけばいいのか迷っているのであれば、人気ランキングを掲載しているところもあるため、ランキングの上位で紹介されているアイテムを選ぶと、着ていって失敗するリスクも低くなります。

ちなみに選択したパンツやドレスが自分の丈に合わないということもあるかもしれません。そのような場合には裾のお直しサービスを提供しているレンタルドレスのお店がおすすめです。裾が長くて着こなせない場合には問い合わせてみましょう。

レンタルしたいドレスなどが決まったら、条件指定を行います。例えばいつからいつまで服を借りるのかなどの指定もこの工程に含まれます。アクシデントで当日服が手元に届かないといった状況を回避するためにも、実際に着用する前日や前々日に指定すると安心です。レンタルドレス業者の中には、届け日をいつにすればいいかを利用日から逆算してアドバイスしているところもあります。また何泊何日で借りるのかについても、申し込む前に確認しておくことが大切です。もし予期せぬ問題が起きて、衣装を着る日が変わってしまった場合でも、レンタル期間を後々延長できるので心配する必要はありません。

レンタルドレスに申し込む際には、配送方法について確認しましょう。通常は宅配便にて自宅に衣装は届けられます。しかし中には自宅以外のところで衣装を受け取りたいと思っている人もいるでしょう。例えば結婚式の場合、式場の現場で着替えたいと思う人も出てきます。そのような要望にも柔軟に応えてくれるレンタルドレス業者も多いので、利用ガイドなどを確認しておきましょう。支払いのタイミングについても注意が必要です。レンタル申し込み時の場合もあれば、返却後という業者もあります。

最新ニュース